ハク
■千と千尋の神隠し■
 宮崎駿監督

■偶然うかがったMIDIサイトさんで、千と千尋の曲「竜の少年」を聞いて、そのあまりのかっこよさに30分で描き上げたハクです。
■ジブリ作品になくてはならない久石譲サウンドですが、千と千尋のサウンドトラックは買ってなかったのですよね。やっぱり買っておこう!「竜の少年」がとにかく気に入りました。

■音楽と、絵を描くためのものにはお金を惜しまない方です。というか、私にとって音楽は画材の一つといった方がしっくりと。気分に合った音楽がないと、本腰入れて絵を描けません。 ただし歌詞のついたものは気が散るので、楽器だけのが良いです。
ジャンルは幅広く。「魂を揺さぶられる」と思った曲なら何でも聞きます。クラッシック、ジャズ、中世ヨーロッパ音楽、世界の民族音楽、映画のサントラ、ゲーム音楽。
■音楽の方は、ピアノがちょろっと弾けるくらいなので、作曲という仕事は魔法のような感じがします。様々な音色を組み合わせて、それだけであんなにうつくしいものを生み出す、というのは、自分じゃ絶対に出来ないことですから。作曲家は一体何をどうやって考えて曲を作るんだろうと考えると、もう完全に未知の領域です。音だけでこんなに人を感動させるなんて。音楽を作り出す人に対して、私は純粋に尊敬とあこがれを抱きます。すごいなあ!
■これからも、たくさんの良い音楽に出会えますように。
(03/2/28)

<Junk <Back Next>
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO