鈴と夕暉
■鈴と夕暉■

鈴「先に行くわね。もうすぐでご飯だって」
夕暉「ああ、僕もすぐ行くから」

殊恩党をやっていたころの二人ですが、殊恩党、というより宿屋の雑用という感じです。
描いているとき、息もできないくらいに暑かったので、絵の中だけでも涼しげに…というわけで水仕事中です。水場や緑の近くの、独特の涼しさを思い起こしていただければ。

とりあえずもう一生は描きたくありません。 こんなふうに微妙な角度の筒状のものは、もう懲りました! くー、たかがオケのくせに、何気に一番苦労させられました。意外にこういうのが難しいんですよね。(修行不足)

ま、けっきょくうーさんはこんな感じの絵を描くのが一番好きなんだなあということで。

(03/8/6)

<キリリク <Back Next>

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO