■ふたり■

−ゆきのはらを、見にいきませんか。

午後の執務室にひょこりと顔を出した泰麒が、遠慮がちに私を誘った。
珍しい。
普段から滅多に「ねだる」ということがない。
この部屋に姿を見せるのも久しぶりだ。理解らないことの多い自分は、かえって政務の邪魔になるとでも思い込んでいるのだろう。
「お、おしごと中にごめんなさい…ボクったら」
「いや、今日はもう終わりだ。ちょうど良いところへ来たな。久しぶりにお前と遠出でも、と考えていた」
うつむきかけた顔が、さっと私を見上げる。
「あの、じゃあ…」
「暖かい褞袍を用意してもらって、趨虞の所で待っていなさい」
「はい!」
黒い瞳が光をまとって煌いた。
泰麒がふんわりと笑むだけで、凍てついた空気も春めく気がする。
遠ざかる小さな足音をききながら、そんなことを思った。

 ◇ ◇ ◇

朝議の後に、正頼から耳打ちされていた。
「積もった雪に直に触れてみたいと」
「泰麒が?」
「蓬莱では、あまり雪の降らない辺りでお育ちになられたとか。腰まで雪に埋もれたご経験もないそうです」
雪に埋まる? 冬の戴では日常茶飯事だ。
「深い雪など民にも兵士にも難儀なだけで…」
「台輔がそれをご実感なさるには良い機会ですね」
「……なるほど」
あれは聡い子だ。雪と戯れるうちに何かを感じ取るだろう。
「藍州に程近いところに小さな丘が。街道からは少し外れておりまして、この時期は人通りもなく丁度よろしいかと。台輔には『主上なら良い所をご存知のはずです』と申し上げておきました」
さらりと書きつけられた地図を手渡される。
「用意がいいな」
「ちなみに、主上が台輔のお願いに弱いということもお伝えしましたので」
悪びれた様子もなく平然と言ってのける。
私は思わず苦笑し
「そうか。可愛らしいお誘いがあるかもしれないな」
言いながら、それはあるまいと思っていたのだが……予想外になんとも嬉しいこととなった。

■土居貴耶さん■

バレンタイン企画のイラストに、土居さんがSSを作って下さいました! どうです、この泰麒の甘えんぼぶり、驍宗様の甘やかしぶり!! やはりこの主従の会話は、心にうるおいを与えてくれますねvv 正頼のサポートぶりもオイシイです!

土居さん、ホワイトデーの倍返しv本当にありがとうございましたvv
(03/3/15)

<Treasure <Back> Next>

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO